ginspil |銀座のスピリチュアルサロン

心・カラダ・魂が調和するスピリチュアルなライフスタイル「スピ・スタイル」をご提案します

岡本マサヨシ(おかもとまさよし)

スクリーンショット 2018-10-09 13.46.13

株式会社 楽笑 代表取締役
一般社団法人日本心浄術ヒーリング協会代表理事(心浄術創始者)及びヒーラー
髪処 桜千道 オーナー
1967年東京生まれ、福井県育ち。

幼少期に両親が離婚、母の実家のある福井県で祖母に育てられる。

胎児期は母親の感情やストレスを体内にいながら認識していたことを今でも記憶している。

小学生の頃から中学にかけてが特に霊的能力が強まる。
思春期を過ぎると生まれつき持っていた「霊視能力」「リーディング能力」に目覚め、人との違いを認識し始める。

次第に人の痛みを癒すことに関心を持つようになり、その頃から手かざしで自分の肉体の痛みが軽減することが当たり前と認識していた。

父親(当時の職業が歌手)の影響もあり歌手を目指し東京に上京。

上京後、食べていくための術として東京駅の美容室に見習いとして勤務。
次第に美容に興味を持ち始め美容師の道を歩み始める。
26歳の時に独立した後に10年間で美容室、飲食店、自動車販売店など十数店舗を関東圏にて経営する。

その後、予期せぬ出来事により全店舗を閉店。
同時期に、育ててくれた祖母が他界。
その翌年には母が長年患ったうつ病がきっかけで車に飛び込み他界。

様々な出来事の経験をする。

人生のどん底だと捉えていた2008年、再出発のために
完全個室型の美容室 髪処桜千道をオープンする。

日々、瞑想の探求を重ねる中で霊的な存在のアシストを受け、
運命的な出会いから日本古来のヒーリングを体験し伝授を受ける流れになる。

そして人生が一気に好転し始める。

そのことから更にスピリチュアルや心の世界に覚醒を高め、心理学、瞑想、ヒーリングの研究と実践を重ね、元々自身が持っていた能力に磨きをかける。

そして人の心を癒すことが天命であると悟り、更に現代向きにアレンジを加え
「心浄術」を生み出す。
現在では能力者の育成、ヒーリングやリーディング各種能力開発を行っている。

そして数多くの人々を「本当の幸せ」に導くサポートをしている。

その活動が口コミで広がり話題となり全国各地からクライアントが訪れ、後がたえないほどの人気となっている。

岡本マサヨシ公式サイト

髪処 桜千道

 

 

池田知栄子(いけだちえこ)

ikeda2

一般社団法人日本心浄術ヒーリング協会 理事 及びヒーラー
埼玉県在住。トータルビューティサロン「ヒーリングスペース LaCoon」店長。

岡本マサヨシの書籍「幸せを見つめられるようになってごらん」の主人公 。

一緒にいる人が笑顔になったり、元気になったりすることに喜びを感じる生粋のヒーラーである。
ヒーラーとして人を癒すために生まれてきた魂を持つ。

幼少時代は厳格な両親の元に教育を受け、愛情を感じながらも、もっと自由に私らしくいたいと思いながら育った。

学生時代には両親に対して反発心が芽生え反抗をする一方、自分が生まれたきた意味や死について考えるようになる。

その後アパレル会社に入社し婦人服の販売員を勤める。 努力が評価され順調に昇進していくと共に、周囲からの評価ばかりに気を取られ徐々に本来の自分らしさを見失っていく。
そして24歳の時に重度の鬱(うつ)病になる。

鬱(うつ)病で苦しみながらも、社会復帰を目指し闘病生活を送る。

その間さまざまな職種を経験していく中で、自分は女性の幸せのお手伝いをさせていただくことに喜びを感じるということに気が付く。

うつ病になって8年の頃、ふと立ち寄った美容室「髪処 桜千道」で運命的に岡本マサヨシと心浄術に出会う。

心浄術に出会ったことにより長年苦しんでいた苦しみから開放され、今を生きることの幸せを身をもって体感する。

そしてヒーリング能力を見出され、自分が救われた心浄術を一人でも多くの方に伝えていくことに使命を感じ、 現在、ヒーラーとして活躍中。

自らが鬱(うつ)病経験を乗り越えていることから、ヒーリングによる鬱(うつ)病の改善を得意としている。
また、鬱(うつ)病をはじめとする心の病気を抱えた方からの信頼も厚い。

「その人がその人らしく明るく輝きを取り戻し、活き活きと、自信を持ち、自然体で楽しく生きる」 ことを軸に活動をしている。

池田知栄子公式ホームページ

ヒーリングスペース LaCoon