ginspil |銀座のスピリチュアルサロン

心・カラダ・魂が調和するスピリチュアルなライフスタイル「スピ・スタイル」をご提案します

何が言いたいのか分からない、不思議ちゃんでいいや!

IMG_27092020_224149_(400_x_300_ピクセル)

   

ギンスピスタッフ&心浄術ヒーラーのむかいです。
 
自分の本当に言いたい気持ち、言えてますか?

私はこれがとてもとても苦手だったのです。
言いたいことを言うのは、わがままなこと。相手の気持ちを考えない行為だと思い込んでいるから、ストレートに言えずに全然関係ないことを言ってしまい不思議ちゃんと自分で言ってごまかす。

正解か不正解か?怒られないか?嫌な気持ちなってない??と相手に怯えてながら気を使って、こう言えばいいかなーと発言してみたり。

かといって、言える相手もいるんです。人によって態度を変えていました。

いつからそんな風になってしまったのだろう、振り返ることなく過ごしてきて、どれが本当の気持ちなのかも無視してきた結果、違和感さえも無くしていました。本当の気持ちにふたをしていたのです。

心浄術に出会って

思い通りに物事が進まず、生きづらさを抱えていた原因には、心にたくさん溜まった汚濁(おじょく)だということを知りました。

汚濁(おじょく)は生まれる時や成人するまでにできた心の傷です。いじめられたり、比べられたり、我慢したり。

汚濁を心浄術ヒーリングで取り除いていくと、曇っていた心がだんだん見えてきます。

なんだ、私寂しかったんだね、甘えたかったんだねと気づいていって浄化の涙がたくさん出て心が晴れやかになっていきました。たくさんの人の支えにもようやっと気がついて嫌いだった人にもごめんなさいと感謝の気持ちに変わりました。

幼少期から成人するまでの時期に
.自由を奪われたと感じる経験
.体罰をうけた
.人と比べられた
.愛情に餓えていた
など、自分が信頼をもつ人間関係でくるしくて辛い経験を通して、違和感を感じた結果
 
生きる術として「自分を守る」必要がうまれて、自己防衛本能(エゴ)が形成されていきます。

人に対して絶対こうしなきゃだめ、そう考えるのはおかしい!そういった発想を自ら背負い込んできました。

それは同時に自分を認められてあげていない‥と言うことです。心が浄化していくと他人に向けられていた心がやっと自分に向けられるようになりました。

いよいよここにきて本当の自分に向き合える瞬間を味わっています。

感じていること、言いたいことをそのまま言うことにストップをかけているのは、いつだってエゴと思い込みをしている自分なのだと言うことに気づいていっています。

不思議ちゃんで終わらせない!本来の私に戻るよ。

あなたも逃げずに自分の気持ちと向き合ってみませんか?変わるチャンスですよ。

 - ginspiスタッフ&心浄術ヒーラーmukaiの実録ブログ