ginspil |銀座のスピリチュアルサロン

心・カラダ・魂が調和するスピリチュアルなライフスタイル「スピ・スタイル」をご提案します

瞑想できていなかった、修行です

2930411_s

   

ginspiのmukaiです、こんにちは。

2020年1月1日からはじまった瞑想。

1日1時間。決められた体ほぐしで、めぐりを良くしたあと

手順を踏まえたのちに「白光瞑想」に入る。

毎日の瞑想は、最初は忘れないようにカレンダーにシール貼ったりして確認していたけれど、徐々に

生活の一部になっていった

まもなく

ginspiで瞑想会イベントが開催された。

お客様の中で、

わたしよりヒーリングが進んでおられたお客様が数名いて

ヒーラー岡本マサヨシ先生に「白光」を入れてもらうと

「確かにここにありますね」と感覚的に体感され感動されていた方がいた。

私はすごいなー、すごいですねと感心した。

自分もその内できるようになるのかなと思っていた。

それからも

毎日の瞑想は、気持ちがいいし、すっきりするし落ち着く素晴らしいものだった。

 

でも、職場での私の発言や行動に対し

岡本先生は「瞑想は続けていますか‥」と聞いてきたし

また別の場面でも池田知栄子先生に、「瞑想やってるんだよね‥」と問われていた。

その度に「はい、やってます」と言い切るので

先生方はそれ以上何も言えなかった。

 

そして今

過去生深層蘇生法もラストに近づき

あらためて、瞑想の話になった。

次の能力開発には瞑想が極めて要になるそうだ。

ちょっと、mukaiさん

「白光どこにあるか?指さしてみて」と池田知栄子先生が声をかけてくれた

私は、この辺です‥と伝えた

するとすごく落ち着いた口調で

いいえ、mikaiさんの白光はこの辺にあるよ、ちがうかな?と言い当てられた。

そう、たしかに光は池田知栄子先生の言う場所ぴったりで、形ももっと大きくぼんやりなのも、

バレバレで心底驚いた。

思わず顔を覆ってしまったくらい、バッチリ当たっていた。

 

 

池田知栄子先生は

瞑想がきちんと出来ていたら

浮ついていた行動言動が、地に足がついたものになると言って話してくださった。

 

ヒーラーにとって

正直な事が一番大事なんです

 

過去のあの時も、この時も、私は解ったフリをして相手を失望させていた

そんなことを思いながら

こんなにも真剣にいい続けてくださっている上司に

感謝しながら不甲斐なさにまた泣けてきた

 

 

‥‥いつも、ふわついている

‥‥足を地につけて

‥‥もっと深く、ふかーく感じて

‥‥表面だけみている、奥をみて

何度も指導されては、またやってしまった の繰り返しの中、

あらためて

瞑想を真剣に取り組む覚悟です

 

岡本マサヨシ先生、池田知栄子先生すみません

1から瞑想取り組むよう、むかっています。

 

 - 心浄術ヒーリング